メニュー

シャント

シャントを作ったあとはどうなるの? -血液透析を始めるタイミング-(2022.05.01更新)
 腎臓のはたらきが弱ってきたら、事前にシャントを作ることで透析の準備をすることが勧められています(血液透析のシャントを作る時期)。広瀬クリニックにシャントの手術に来られる患者さんからは、「このあとは、… ▼続きを読む

シャントの診療のために新しいエコーを導入しました:神経もよく見えます(2021.12.10更新)
 広瀬クリニックでは、血液透析に必要なシャントについて、エコーを使って検査や治療をしています。エコーによるシャントの管理に書きましたように、エコーは造影検査に比べて安全性が高く、手間が少なく、血液の… ▼続きを読む

人工血管によるシャントの出口部(つなぎ目)が狭くなったときに「ステントグラフト」という新しい治療ができるようになりました(2021.10.21更新)
【シャントの種類と人工血管】  透析に必要なシャントにはいくつかの種類があります。一番多いのは、ご自分の動脈と静脈をつないで血液が勢いよく流れるようにした「自己血管使用皮下動静脈瘻(AVF:arte… ▼続きを読む

新型コロナウイルスパンデミックでの血液透析のシャント治療について(2021.09.07更新)
【シャントについて】  血液透析患者さんでは、血液透析を行うために動脈と静脈をつなぐ手術をした「シャント」が必要で、その重要性から「命綱」と言われることもあります。血液透析を始める場合には、スムーズ… ▼続きを読む

シャント手術の「痛み対策」(2021.06.16更新)
 「血液透析にシャントが必要な理由」に書きましたように、シャントは血液透析に必要なもので、血液の流れが良好で安定して使えるシャントがあることは重要です。  シャントを作る手術では、皮膚を切ったり血管… ▼続きを読む

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME