メニュー

医療事故対策委員会

医療事故対策委員会では、安全に医療を提供できるよう、主に以下のような活動を行っています。

 

院内の事例の収集と分析

 インシデント・アクシデント報告を院内から集め、委員会で原因や必要な対策を検討し、組織として安全対策を向上させるようにしています。

 

医療安全のマニュアル整備

 安全に医療を行うための方針を定め、院内に周知しています。また、必要に応じて見直しを行っています。

 

医療安全についての情報収集

 医療安全対策は医療全体で行われています。様々な学会や団体等から発信されている医療安全についての情報を収集し、必要に応じて院内に周知しています。

 

職員教育

 医療安全についての知識を深め、また安全対策を徹底するため、院内で職員研修を行っています。

 外部の講演会や近隣の医療機関で開催される勉強会等にも積極的に参加しております。廣瀬弥幸医師は日本病院会「医療安全管理者養成講習会」(厚生労働省講演)を修了して医療安全管理者として認定されています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME