メニュー

院長よりご挨拶

 広瀬クリニック院長の廣瀬弥幸(ひろせみさき)と申します。

  私は長崎生まれの長崎育ちで、長崎大学を卒業して長崎大学病院第2内科に入局し、腎臓内科・血液透析・腹膜透析・一般内科等の診療に従事して参りました。また、長崎大学病院では診療情報管理や医療経営等の資格を取得して病院の運営や経営に参画し、2017年4月より広瀬クリニックに勤務しております。

 広瀬クリニックでは血液透析を中心とした診療を行っております。血液透析に必要な「内シャント」が狭くなってしまった場合の治療(経皮的血管拡張術:PTA)や内シャントの作成・治療のための手術も行っております。広瀬クリニックには入院施設がありますので、近隣の医療機関と連携しながら、透析患者さんや内シャントの手術を受けた患者さん等の入院医療も行っております。

 透析以外にも、腎臓内科の専門外来を行っています。尿検査で異常があると言われた方や、腎臓の病気で腎臓の働きが悪くなってしまった方の治療等を行っています。

 広瀬クリニックでは、新しい薬剤を開発するための「治験」等に参加することで医療の発展に貢献すると共に、患者さんが安心して安全な医療を受けることができるよう、医療安全や院内感染対策にも力を入れていきます。 

 現在、重度な要介護状態となっても可能な限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるようにする「地域包括ケアシステム」の構築が進められています。そのため広瀬クリニックでは地域連携室を立ち上げ、また私は昨年ケアマネジャーの資格を取得しました。医療機関はもちろんのこと、介護や行政をはじめとした地域の皆様と有効な協力関係を築き、地域に貢献していきたいと考えております。 

 私個人としましては、これまで診療情報に関わって参りましたので、診療情報管理や医療・介護の情報共有のあり方等について考えていく所存です。

 広瀬クリニックでは、電車通り沿いに街角ギャラリーをつくりました。今後、絵画や写真等を展示したいと考えておりますので、近くを通られる方々にも楽しんでいただければ幸いです。

医療法人陽蘭会 広瀬クリニック 院長

 

略歴

2001年5月 長崎大学医学部附属病院 第2内科

2002年12月 佐世保市立総合病院 内科

2003年6月 井上病院 腎臓内科

同10月 長崎市立病院成人病センター 腎臓内科

2004年6月 新里ネフロクリニック 腎臓内科

2005年10月 長崎大学病院 第2内科

2008年10月 北松中央病院 腎臓内科

2011年10月 長崎大学病院 診療情報管理室長、助教

2012年8月 医学博士(長崎大学)

2014年10月 長崎大学病院 病床管理センター長、准教授

2015年6月 日本POS医療学会 評議員

2017年4月 広瀬クリニック 副院長

2017年8月 同 地域連携室長 兼務

2018年1月 同 院長

2018年3月 日本診療情報管理学会 評議員

2018年7月 日本診療情報管理士会 評議員

2018年9月20日 診療情報管理士 指導者

専門医・資格

  • 日本透析医学会透析専門医、指導医
  • 日本腎臓学会腎臓専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医、指導医
  • 介護支援専門員(ケアマネジャー)

論文等

Hirose M, Nishino T, Obata Y, Nakazawa M, Nakazawa Y, Furusu A, Abe K, Miyazaki M, Koji T, Kohno S. 22-Oxacalcitriol prevents progression of peritoneal fibrosis in a mouse model. Perit Dial Int. 2013;33(2):132-42

Hirose M, Nishino T, Uramatsu T, Obata Y, Kitamura M, Kawazu T, Miyazaki M, Taguchi T, Kohno S. A case of minimal change nephrotic syndrome with immunoglobulin A nephropathy transitioned to focal segmental glomerulosclerosis. Clin Exp Nephrol. 2012 Jun;16(3):473-9.

Misaki Hirose, Yoko Obata, Satoko Kawasaki, Kumiko Muta, Tadashi Uramatsu, Mineaki Kitamura, Kouichirou Ohtsuka, Yuka Nakazawa, Yasuhito Higashiyama, Tomoya Nishino, Masataka Uetani, Shigeru Kohno. A case of a chronic expanding hematoma in a hemodialysis patient. Acta medica Nagasakiensia, 59(2), pp.73-75; 2014

Arai H, Furusu A, Nishino T, Obata Y, Nakazawa Y, Nakazawa M, Hirose M, Abe K, Koji T, Kohno S. Thalidomide prevents the progression of peritoneal fibrosis in mice. Acta Histochem Cytochem. 2011 Apr 28;44(2):51-60.

Nishino T, Obata Y, Furusu A, Hirose M, Shinzato K, Hattori K, Nakamura K, Matsumoto T, Endo F, Kohno S. Identification of a novel mutation and prevalence study for fabry disease in Japanese dialysis patients. Ren Fail. 2012;34(5):566-70. 

Mori A, Nishino T, Obata Y, Nakazawa M, Hirose M, Yamashita H, Uramatsu T, Shinzato K, Kohno S: The Effect of Active Vitamin D Administration on Muscle Mass in Hemodialysis Patients. Clin Drug Investig 33(11): 837-846, 2013

Io Kumiko, Obata Yoko, Nishino Tomoya, Hirose Misaki, Yamashita Hiroshi, Uramatsu Tadashi, Ichikawa Tatsuki, Hayashi Tomayoshi, Kawakami Atsushi, Taguchi Takashi, Kohno Shigeru. Tubulointerstitial Nephritis Complicated by Fanconi Syndrome and Renal Tubular Acidosis Associated with three autoimmune diseases. Acta Medica Nagasakiensia 58: 97-102, 2013

Kana Minami, Tomoya Nishino, Hideyuki Arai, Misaki Hirose, Hiroshi Yamashita, Tadashi Uramatsu, Yoko Obata, Satoshi Funakoshi, Takashi Harada, Shigeru Kohno. Effect of switching from sevelamer hydrochloride to lanthanum carbonate on metabolic acidosis in dialysis patients. Acta Med. Nagasaki 58: 79−84,2013

A system for health promotion using tele-homecare technology in community. Honda M, Matsumoto T, Hirose M. Stud Health Technol Inform. 2013;192:940.

A Comparative Study of the Hemoglobin-Maintaining Effects Between Epoetin-β Pegol and Darbepoetin-α in Patients with Chronic Kidney Disease During 3 Months Before Dialysis Initiation. Oka S, Obata Y, Torigoe K, Torigoe M, Abe S, Muta K, Ota Y, Kitamura M, Kawasaki S, Hirose M, Uramatsu T, Yamashita H, Arai H, Mukae H, Nishino T. Drugs R D. 17(3):389-396, 2017

Serum Endocan as a Predictive Marker for Decreased Urine Volume in Peritoneal Dialysis Patients. Oka S, Obata Y, Sato S, Torigoe K, Sawa M, Abe S, Muta K, Ota Y, Kitamura M, Kawasaki S, Hirose M, Uramatsu T, Mukae H, Nishino T. Med Sci Monit. 2017 Mar 26;23:1464-1470.

廣瀬弥幸、藤原靖子、堀田義雄、田所正人、田浦幸一. 一次性シェ-グレン症候群に合併した膜性増殖性糸球体腎炎の1例. 長崎市立病院成人病センター年報 6巻;34-38,2003

廣瀬弥幸、宮崎正信、河野茂. 腎臓と尿路の病気. 膀胱の病気. ビッグドクター家庭医学大全科 2175-2184, 2004

廣瀬弥幸、宮崎正信、河野茂、原田孝司、田口尚. 再発を繰り返し治療抵抗性となったネフローゼ症候群の一例. 日本腎臓学会誌47(1);57-60:2005

廣瀬弥幸、宮崎正信、河野茂. 【副作用を見逃すな!よくみる副作用とその対処】⑧腎疾患 急性腎不全、間質性腎炎など.JIM 16(1): 50-52, 2006

廣瀬弥幸、宮崎正信、古巣朗、河野茂. 通院困難に対しての方策はなんでしょうか?腎と透析 第64巻(第5号);761-763,2008

廣瀬弥幸、松本武浩、岡田みずほ、浅田眞瑞、本多正幸. 電子カルテ導入後の適正な保険診療 –特定共同指導を経験して-.医療情報学 32:878-879,2012

南 香名、西野友哉、浦松 正、廣瀬弥幸、小畑陽子、新井英之、田口 尚、河野 茂. 腎生検を契機に診断に至ったサルコイドーシスの一例. 長崎医学会雑誌88巻(1);81-88,2013

浦松 正、西野友哉、小畑陽子、南 香名、川﨑智子、山下 裕、廣瀬弥幸、太田祐樹、大坪俊夫、佐々木修、田所正人、冨永雅博、中沢将之、中沢有香、橋口純一郎、船越 哲、古巣 朗、宮崎正信、村谷良昭、河野 茂. 長崎県PDレジストリからみた長崎県内におけるPD療法の動向と問題点の検討. 長崎医学会雑誌88巻(4);220-225,2013

廣瀬弥幸、森田知之、越智駒生、井上公介、山田奈保美、國弘遵、小森朋子、秋山久美子、佐藤裕美、大宅吉宏、浅田眞瑞、横山哲也、松本武浩、河野茂. 医師と診療情報管理士の共同による診療録の質的監査. 長崎医学会雑誌89巻(2);103-107,2014

廣瀬弥幸、松瀬厚人、蝶名林直彦、弦間昭彦、河野茂. 内科系21領域における診療報酬上の課題 Ⅳ.内科系21領域における診療報酬上の課題 7.呼吸器関連委員会. 日本内科学会雑誌 103:3042~3044,2014

廣瀬弥幸. Problem Oriented Systemにおける「Problem」と診療録記載の質. 日本POS医療学会雑誌vol.19 No.1 123-126, 2015 

松本武浩, 岡田 みずほ, 廣瀬 弥幸, 浅田 眞瑞, 本多 正幸. 長崎大学病院における電子クリティカルパス導入5年間の取り組みと評価. 医療情報学連合大会論文集 (1347-8508)34回 Page928-930(2014.11) 

松本武浩, 岡田 みずほ, 廣瀬 弥幸, 浅田 眞瑞, 本多 正幸. 地域医療ICT連携システム「あじさいネット」における効果に関する評価. 医療情報学連合大会論文集 (1347-8508)34回 Page244-245(2014.11)

松本武浩, 岡田 みずほ, 廣瀬 弥幸, 本多 正幸. クリニカルパスの新たな役割と変貌・アイデア 質の高い地域完結型医療のための「地域ネットワーク型パス」日本クリニカルパス学会誌 (2187-6592)16巻4号 Page414(2014.10)

廣瀬弥幸、森田知之、井上公介、赤澤祐子、牟田久美子、北村峰昭、川崎智子、小畑陽子、浦松正、西野友哉. 質的監査の二つのアプローチ. 日本POS医療学会雑誌 20(1);54-56, 2016 

廣瀬弥幸:プロブレムリストの現状と方向性. 日本POS医療学会雑誌 21(1), 59-62, 2017

廣瀬弥幸:医療・介護の連携におけるProblem-Oriented Systemの可能性. 日本POS医療学会雑誌 22(1), 22-24, 2018

廣瀬弥幸:地域包括ケアを多職種で実現するためのプロブレムリスト. 日本POS医療学会雑誌 22(1), 33-35, 2018 

廣瀬弥幸、井上公介、國弘遵、森田知之、秋山久美子、松浦はるみ、赤澤祐子、長谷川ゆり. 維持血液透析導入症例における疾患特異的な診療記録の質的監査. 診療情報管理 29(4), 25-30, 2018

廣瀬弥幸:地域医療構想の概要. 医薬の門 58(1), 3-7, 2018

廣瀬弥幸、井上公介、國弘遵、森田知之、秋山久美子、松浦はるみ、赤澤祐子、長谷川ゆり. 維持血液透析導入症例における疾患特異的な診療記録の質的監査. 診療情報管理 29(4), 25-30, 2018

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME