メニュー

院長ブログ

新たな国民病「慢性腎臓病」をご存知ですか?(2021.03.30更新)
【慢性腎臓病とは?】  「慢性腎臓病(まんせいじんぞうびょう)」や「CKD対策」という言葉を聞いたことがある方も、多いと思います。慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease:CKD)と… ▼続きを読む

在宅医療や介護での新型コロナウイルス対策について、長崎在宅Dr.ネットで症例検討会を行いました(2021.03.25更新)
 新型コロナウイルス感染者数は、今年1月と比べるとかなり減りましたが、全国では新たに1000人前後の方が感染しています。新型コロナウイルス対策は医療機関でも難しく、時に病院でクラスターが発生することも… ▼続きを読む

シャント手術前には確認した方がよいことがあります(2021.03.10更新)
 シャントの手術を受けることになったら、いくつかの項目を確認しましょう。  血液透析を行うためには動脈と静脈を手術によってつなぐ「シャント」が必要ですが、血液が適切によく流れて、長く使えるシャントが… ▼続きを読む

じんぞうの声を聴きましょう:たんぱく尿や血尿のお話(2021.02.20更新)
【腎臓病は症状が出にくい】  腎臓内科医として診療していると、あるいは血液透析の準備のためのシャント手術をお引き受けしていると、腎臓のはたらきが非常に悪くなって、透析の準備を考える時期の患者さんにも… ▼続きを読む

新型コロナウイルスへのこれからの備え:シンガポールの制度から外来診療について考える(2021.02.06更新)
 新型コロナウイルスの新規感染者数は減ってきていますが、それでも全国の中では医療が逼迫している地域もあります。より感染力が強いとされる変異株が国内で確認されるなど、感染者数が増える可能性も否定できませ… ▼続きを読む

長崎バスの電照掲示板に医療従事者へのメッセージが表示されていました(2021.01.30更新)
     回送となっている長崎バスの電照掲示板に、医療従事者へのメッセージが表示されているのに気がつきました。広瀬クリニックでは日々感染対策に神経をとがらせており、このメッセージを拝見し… ▼続きを読む

在宅医療での「生活の質」や「ICFに基づく生活機能」などを評価した論文が公開されました(2021.01.16更新)
 私は広瀬クリニックに勤務するようになってから、長崎在宅Dr.ネットに入会しました。在宅医療を受けておられる方の病状は様々で、中には末期がんのため余命がわずかの方も、ご高齢で身の回りのことがご自分では… ▼続きを読む

腎臓病のある方での血管保護:採血や点滴での工夫(2021.01.09更新)
 以前にも書きましたように、順調に血液透析をするためには良好なシャントがとても重要です。このことからすると、腎臓病のある方、中でも腎臓のはたらきが低下している方では、将来の血液透析をする可能性に備えて… ▼続きを読む

新年のご挨拶(2021.01.01更新)
 あけましておめでとうございます。    昨年から流行している新型コロナウイルスですが、欧米ではワクチンの接種が始まっており、日本でも早ければ来月頃からとの報道がされています。新型コロナ… ▼続きを読む

エコーによるシャントの管理(2020.12.25更新)
 血液透析に必要なシャントですが、シャント血管が細くなったり完全に詰まってしまったりすることがあります。そのため、シャントの様子や透析の効率などに変化があったときには、シャントの検査を行います。以前は… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME