メニュー

院長ブログ

医療経営士の情報誌である「理論と実践」に連載を始めました(2021.07.14更新)

 私は医療経営を体系的に学ぶために「医療経営士」という資格を取得しました。医療経営士は「医療機関をマネジメントする上で必要な医療および経営に関する知識と経営課題を解決する能力を有し、実践的な経営能力を備えた人材」とされており、日本医療経営実践協会が認定しています。機関誌である「理論と実践」では、医療経営士の日々の活動や日本医療経営実践協会が開催するイベントなどが紹介されております。

 今回、この「理論と実践」に「連携」をテーマとした全4回の連載をすることになり、その1回目の記事が載った雑誌が発行されました。1回目は、広瀬クリニックの親子間の事業承継の事例から、「親子間の連携」について書いています。親子であっても「連携」が重要ですし、後継者としての取り組みや考えたことを振りかえっています。もし可能でしたら入手していただいて、ご一読いただけますと幸いです。

 (目次の下から2番目です)

 

 次回は「医療連携」について書く予定です。

 

【参考】

・日本医療経営実践協会ホームページ

http://www.jmmpa.jp/

・「理論と実践」ご紹介

http://www.jmmpa.jp/support/cat3/

 

医療法人陽蘭会 広瀬クリニック

廣瀬 弥幸

プロフィール等

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME